スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無外流とは

20120427

無外流とは(財団法人無外流ホームページにリンクしております。)

明思会岩国支部は、
「無外真傳無外流居合」「神道流剣術「一心流鎖鎌術」
の各種武術を修行しております。
江戸時代から現代に受け継がれる「無外流居合・剣法」、
・ 二人で立ち合い、間合いや体さばきを学ぶ「組太刀・剣法」
・ 一人で形(かた)を練る「居合(形稽古)」
を中心に稽古しております。
武道の根本となる、武家の所作・礼法も稽古いたします。

稽古を通して、
「先人の遺産である『形(カタ)』に、可能な限り近づくこと」、
そのために、
「自分を律すること」、
「常に気を抜かず、隙を見せぬこと」、
「姿勢を正しくし、気品ある動作をすること」
を学びます。

経験・年齢・体力・性別一切不問です。

---------------------------------------------------------------------------

【理念 方針 心得 道場訓】

■明思会の理念
1.明思会は、我国の伝統文化を継承し、且つ人間形成の上で一翼を担い、
社会的に地域の安全と平和に寄与することを目的とする。
2.人種・国籍・宗教・思想・信条および各種武術の流派を問わず、
全てに門戸を開き、教授することを目的とする。

■明思会の方針
明思会は無外流居合を基とし、弛(たゆ)まぬ日頃の稽古で技量の向上を目指すと共に、「術」の中に「道」を見い出し、常に心を練磨し、かつ他者の良きところを認め、己の人間形成に役立つことを目的とし、方針とする。

■会員心得
1.明思会は居合兵道の会である。
常に対敵動作を意識し斬れる居合であれ。
2. 稽古で汗を流し技量を上げよ。
3. 身は小なりとも、気宇壮大であれ。
4.心は常に「静」、そして○くあれ。
5.心に心、心迷わす心なり 心に心、心許すな。

■道場訓
1.男女共に義(ただ)しき人であれ。
2.恩を受けたらいつまでも忘れるな。情をかけたらすぐに忘れろ。
3.男は心身共に強くなれ。女は心身共に美しくなれ。
スポンサーサイト
プロフィール

ななし

Author:ななし
明思会山口県岩国支部は、
無外流明思派・財団法人無外流 に所属し

無外流明思派宗家・新名玉宗先生 のもと
山口県岩国市で

●無外流居合
●玄黄二刀流
●神道流剣術
●一心流鎖鎌術

の稽古をしております。

【玄黄二刀流】は、
二刀流八重波会に所属し東京・神田の明思館でも稽古をしております。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。