スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

玄黄二刀流

20140104

【玄黄二刀流とは】

玄黄二刀流は、元和6年(1620年)4月28日に創設された山口流を再編纂した流派です。


山口流は
宮本武蔵の2年前(1582年)に生まれた山口右馬之助家利(号が卜真斎)により創設された流派であり、創設された当時は二刀流の形3本と大刀の形2本しかなく、後日弟子の新富田 某が大刀の形7本、小太刀(脇差)の形7本を追加し、大刀の形を表、小太刀の形を裏と呼ぶようになり明治(1868年)まで前田藩の分家である富山藩で継承されて来ました。


一刀流よりも有利です
宮本武蔵も「左右の腕が同じ様に使えるならば、一刀よりも二刀の方が有利である」と言っています。これは極めて当然の事であり、二刀流の稽古をしてみればよく分かります。


現代の剣道のように
首筋を打たれても1本(負け)と認められないのは、現代の剣道がスポーツであり、決められた所を打っていないからだという事によります。


しかしながら
本来の剣術は「殺し合い(命の取り合い)」をする剣を使っての技術です。
首筋を斬られたら死にます。現代の剣道には、スポーツであるが故に「死ぬ」という事が根本思想にないのです。


私達は
剣で斬られたら死ぬ。突かれたら死ぬという当たり前の事を稽古しています。
私達は、創設当時の二刀流である山口流に、他流の良い動きも取り入れて再編纂した「玄黄二刀流」を稽古しています。


About Genko Nito-ryu

Genko Nito-ryu is a style recompiled from Yamaguchi-ryu, which was established in the 6th year of Genna (1620).
The main principles are
A) Cutting with closest and quickest movements, and
B) Cutting without any wasteful movements.


Yamaguchi-ryu is a style founded by Yamaguchi Umanosuke Ietoshi (His “go” was Bokushinsai) who was born (1582) 2years earlier than Miyamoto Musashi (1584). At the time of its founding, Yamaguchi-ryu only had three nito-ryu kata and two tachi kata. At a later date, a pupil (of Yamaguchi's) by the name of Shintomita added seven tachi kata and seven kodachi (wakizashi) kata. The tachi kata were referred to as the “omote” kata, while the kodachi kata were called the “ura”. The style was transmitted down through the Toyama-han, which was a branch of the Maeda-han.

The founder of Mugairyu, Tsuji Gettan, opened a dojo in Edo as a recipient of menkyo-kaiden in Yamaguchi-ryu, but as a swordsman from the countryside he did not have many students. After an extensive period of zazen for 20 years, Gettan revised his Yamaguchi-ryu teachings into Mugairyu (in 1693 at 45years old).

After training thoroughly in Mugairyu, we research the roots of Mugairyu (Yamaguchi-ryu), and we can rediscover the nito-ryu from the time of Yamaguchi-ryu’s founding.
 
Nito-ryu is more advantageous than itto-ryu. Even Miyamoto Musashi said, “If you can use your left and right arms equally, nito-ryu is more advantageous than itto-ryu.” This is extremely natural and can be easily understood through nito-ryu training.

In modern kendo, hits to the neck are not recognized (as a lost point for the person who was hit) because kendo is a sport, and only certain decided spots are counted.


However, kenjutsu employs technqiues that are killing (life taking) techniques that affect both opponents in a duel. If the neck is cut, that person dies. Modern kendo is a sport, and therefore “death” is not a part of its underlying philosophy.

We understand that death is certain when cut or stabbed by a sword, and this fundamental understanding is central to our training.
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
プロフィール

ななし

Author:ななし
明思会山口県岩国支部は、
無外流明思派・財団法人無外流 に所属し

無外流明思派宗家・新名玉宗先生 のもと
山口県岩国市で

●無外流居合
●玄黄二刀流
●神道流剣術
●一心流鎖鎌術

の稽古をしております。

【玄黄二刀流】は、
二刀流八重波会に所属し東京・神田の明思館でも稽古をしております。

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。